子供の花粉症

パフォーマンスに影響する花粉症とアレルギー対応畳

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目の痒み、といった症状を引き起こす花粉症は、仕事や勉強のパフォーマンスに大きく影響します。
受験生であれば、勉強に集中できない、判断力が低下してしまう、作業の効率が下がってしまうなど、あらゆる面で影響を与えてきます。同様に仕事のパフォーマンスも低下します。
運転を仕事にしている人ならば、鼻炎のせいで頭がぼーっとして危険運転に繋がってしまう恐れもあります。
花粉症の影響は、本人はもちろん、周囲も危険にさらしてしまうことがあるということです。
花粉症の症状を抑えるのには、抗アレルギー薬(抗ヒスタミン薬)が使われることが多いです。これには第一世代と第二世代の薬があり、従来までの第一世代の薬は服用すると眠くなってしまい、余計にパフォーマンスを低下させてしまうことがありました。
これに対して、第二世代の抗アレルギー薬は眠気の副作用が出にくいように改良されているので、パフォーマンスを保ちやすくなっています。
パフォーマンスを低下させる原因が、家庭の畳にある場合もあります。
畳に関するアレルギーは、畳についている染土(い草に使われている泥)によるもの、畳についている防虫シートや防カビ加工等の薬品によるもの、畳についたホコリによるもの、の3タイプがあります。
アレルギー対応畳はこのうちのダニ、カビ、に対応しているものが多いです。
アレルギー対応畳はダニやカビの発生を抑える効果があります。自宅で使っている畳が子どものアレルギーの原因になっているようならば、アレルギー対応畳を使ってみると症状が抑えられる可能性もあります。
畳の上を清潔に保って、少しでもアレルギーの症状を和らげるようにしましょう。