子供の花粉症

花粉症がある場合アレルギー食材と水に気を付ける

日常生活に大きな支障をもたらす花粉症に悩まされている人は何十万にも上ります。予防や対策は無数に存在しているように思えるかもしれません。花粉症を予防するには物理的に原因物質を取り除くことと症状を緩和させる薬や食品を利用することが必要です。花粉症の薬だけでも何十種類も存在します。同じ症状でもある人には薬の効果がほとんど出ないこともあります。また別の人には副作用だけ出て肝心の主作用が出ないこともあります。体質や年齢によって薬の効果には個人差があります。もしほとんど効果が出ていないなら、率直に医師に相談することが大切です。さらに花粉症の人は花粉以外の物質にもアレルギー反応が出ることもあります。たとえばメロンやウリ系などの果物に反応することがあります。そのような場合果物がアレルギー食材になります。普段は気がつかないこともあります。何かの果物を食べても、それが原因だとわからないかもしれません。ですから体調の不調を感じた時には何を食べたかをよく記録するなら、アレルギー食材がわかります。また花粉症がある場合は水にも注意が必要です。ある種や地域の水によってアレルギー反応が出ることがあります。中には数日で収まる場合もあります。たとえば旅行や帰省などで普段の生活エリアから離れたところに行った場合にも、場合によっては花粉症の症状が出ます。それは水が変わったことに体が反応しているからです。鼻づまりやくしゃみさらには皮膚が乾燥することもあります。このような場合は余計にアレルギーが出やすいので、アレルギー食材を避ける必要があります。また睡眠を十分にとるなら免疫が高まるので、アレルギー症状を軽くさせることができます。