子供の花粉症

花粉症と併発しやすいごまアレルギーや牛肉アレルギー

加工食品などの原材料表示には内容物が記載されています。しかし現在の食品法では必ずしもすべての内容物や調味料の表示が義務付けられているわけではありません。中にはごく微量のものであったり、スペースが限られていたりするため主要なものでなければ省かれているものもあります。しかし最近表示が義務付けられた食品にごまが加えられました。それはごまにアレルギー反応が出る人がいるためです。食品アレルギーの原因となるものは日ごとに増加しているようにさえ見えるかもしれません。またこうした食品アレルギーにかかりやすいのは、花粉症をすでに患っている人です。あるいは親が花粉症であるなら子供に食品アレルギーが出る可能性は高くなります。花粉症は主に花粉に対して反応するものですが、細胞が花粉を異常なものとして攻撃することから始まります。そのため花粉は体に有害なものではないにもかかわらず、なんとかして排除しようとします。つまり免疫機構の過剰反応だと言えます。同じことが食品アレルギーの過程でも起きています。特定の食品を取り入れることで、これは体に有害であると誤ったサインを脳に送ります。そしてそれらを排除しようとし、アレルギー物質との戦いが始まります。その結果アレルギー反応が出ます。ごまの他にも牛肉アレルギーも増加しています。牛肉アレルギーは牛肉を摂取することで腹痛や皮膚のかゆみが出ます。牛肉アレルギーは肉そのものだけでなく、牛肉スープなどでも反応することがあるので気を付けなければいけません。加熱してもアレルギーの元が消滅することがないため、一切避ける必要があります。また加工食品にも含まれているので、表示を注意深く見て購入しなければいけません。