子供の花粉症

花粉症などのアレルギーの原因となる牛乳

牛乳はカルシウムが豊富で健康にいいという評判から子供の頃から飲んでいる人も多くいると思いますが、アトピー性皮膚炎や花粉症などのアレルギー症状の原因と言われています。牛乳のタンパク質は極小の分子でできているので、体内でアミノ酸に分解される前に腸壁をすり抜けることがあります。このタンパク質はカルシウムと結合しており、免疫システムが異物が侵入したとみなして排除しようと動きます。この牛乳のタンパク質を分解するときには毒素が発生するので免疫システムに弊害をもたらしてアレルギーを防ぐ力が奪われてしまいます。これらの要因が重なって、腸で発生したヒスタミンという起炎物質が血流に乗って全身にまわり、体中のあらゆる場所でアレルギー反応が起こることになります。牛の乳のタンパク質はカゼインですが、人間の母乳のタンパク質はアルブミンというものでまったく異なるものです。本来は子牛が飲む牛乳を人間が飲むことで花粉症やアトピー性皮膚炎が引き起こされていると考えられます。花粉症の原因となるものは牛乳だけでなく、チーズやヨーグルトといった乳製品全般はアレルギーの引き金になりやすいと言われています。牛乳の代わりに豆乳を飲んだり、コーヒーに入れるミルクを植物性のものに変えたりすると良いでしょう。その他にもタマゴや砂糖、揚げ物や精製食品もアレルギーを悪化させる要因として知られています。砂糖には粘液の分泌を促す成分が含まれていて、これがアレルギー症状を悪化させる可能性があります。食べ物に甘味を足したいときには砂糖ではなく、カリウムやマグネシウム、亜鉛などの天然の抗酸化作用成分が多く含まれているハチミツがおすすめです。花粉症などの症状を抑えたい人はこれらの食物の代わりになるものを摂取するようにすると効果的です。